マルセイユ・ベスト・ブイヤベース Meilleurs restaurants bouillabaisses

Bouillabasse

前回のポストでブイヤベース憲章(ブイヤベース専門店規約)について書きましたが、結局どこで食べれば良いの?と良く聞かれるので、おおまかにセレクトしてご紹介。有名店ばかりですが。。まずは心得からどうぞ。

ブイヤベース心得として

    • ブイヤベースというものは正直、京都で食べる高級湯豆腐みたいなものです。お魚が炊かれすぎているだの、スープが水っぽいなど感想はあってもそれはそのお店の基準です。目をつぶりましょう。あと、魚やジャガイモの切り方も「うっそ」みたいな感じで大盛りでできます。覚悟しましょう。
    • プロバンス地方でブイヤベースをいただくときは海の見えるレストランでないとプロバンス度が上がりません。海や港の見えるレストラン席をおすすめします。もちろん予約もお願いします。
    • 比較的時間に余裕を持って。なぜかサービスに時間がかかることが多いです。
    • どこのブイヤベース憲章専門店もプライドを持ってやってるのはわかるのですが、サービスにパリの高級レストランのような洗練を期待しないでください。地元な、家族っぽい、ちょっとやくざな雰囲気の店内がデフォルトです
    • 同時に出てくるアイオリ(ニンニク入りマヨネーズ)やグリヤードチーズをスープの中に入れて食べてください。と説明してくれるのですが、マヨネーズは日本のそれとは違いなぜか脂っこいですし、チーズもフォンデュ用のチーズです。このあたりも、体験としては良いと思いますが、お魚を味わいたい都会な大人は少なめで良いと思います。
    • ご予算はおひとりランチなら50€からを見積もっていただけると良いかも知れません。冷凍は使ってませんから。それだけでも価値はあります。(お一人では断られることがおおいです。
    • ワインはCote de Provenceのロゼなどの比較的安価なのであうと思います。基本魚のスープや汁物?ですので水ぶくれでおなかいっぱいになる可能性大です。
    • 最後のお勘定はだいたい手書きですのできちんと確認するようにしてください.…(たまにたのんでもいないコーヒーが複数ついていたりします)

 

 

ninoChez Nino, Cassis シェ・ニノ(カシス)

マルセイユから30kmほど離れた港町カシの港の見えるレストランです。港がUの字になっておりその回りはほとんどレストランです。たまにくたくたのお魚が出ると有名ですが、観光地の一等地。ピトレスクなテラス席でカシス城を見ながら。もちろんワインはカシ白かエクスのロゼで。
月曜休
tel 04 42 01 74 32

mimarsMiramar, Marseille ミラマー(マルセイユ)

マルセイユ旧港の代表レストラン。駅からもタクシーで5分ぐらい。他のレストランのテーブルナップが紙なのに対し、ここだけはテラス席すべて純白の美しいテーブルセッティングだけでまぶしいです。ブイヤベース憲章の中心的存在のお店でブイヤベースだけではなくマルセイユ名産のPied- Paquetなどもあります。真夏だけを避ければテラス席は太陽燦燦でノートルダム寺院も港の向こうに眺めおなかいっぱい。隣席との距離も近く、結構がやがやしている雰囲気もありますがそれなりに接待らしき地元の人も多いです。ここのメニュー59€はおふたりから
月曜日休
Tel 04 91 91 10 40

fonfonChez Fonfon, Marseille フォンフォン(マルセイユ)

旧港からタクシーで5分ぐらい。橋の上でおろしてくれるのでそのまま降りればVallon des Auffesという漁港になります。足を伸ばす甲斐があって場所で言うならここが一番おすすめです。夕刻なら普通に魚釣りをしているおじさんがウロウロしています。マルセイユらしい海と白い岩のコントラストを楽しめる絶好のロケーション。小さな港にはピザレストランなどもひしめいており良い感じで中心街から離れてお散歩にも最適です。ここのウリは「海の散歩コース」。お船で海の散歩をして帰港、食前酒、ブイヤベース、デザート、カフェ付きでお一人様85€というなんとも素敵なコースメニュー。6月から9月のみ。
日曜日休 (月曜日は夜のみ)
Tel 04 91 52 14 38

「マルセイユ・ベスト・ブイヤベース Meilleurs restaurants bouillabaisses」に1件のコメントがあります

  1. ピンバック: マルセイユのブイヤベース | 京都人・イン・プロヴァンス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です