ユネスコでSakeのサービスお手伝い仕事行ってきました!

Japonisme2018 という文化のお祭りがパリ各地(フランス各地)で只今開催されており、ありがたくも、ユネスコ(パリ市内)でお酒を振る舞う機会があり、日本酒の説明部員を兼ねてサービスのお手伝いに行ってまいりました。

ユネスコ本部に行ってもバリアフリー状況ばかりに目が行く私。。。もちろんユネスコでしたからいろいろな場所でバリアフリーは実現されておりましたがやはり古い建物なので少し大変かなと思う部分もあり。入ってすぐのところの日本庭園などなど。後ろに見えるのが安藤忠雄やで!と教えてもらいましたが。。なんかコンクリの筒ね。

 

なぞの日本庭園

これいけてないです。↑なんか、借景がお向かいのビル。ユネスコやのに。なんやねん。

ということでレセプション風景ですー。

 

今回の課題はこのヒノキの枡の再利用問題。シャンパングラスならいくら口紅ついても洗えば終いですがこれは口紅が一旦つくと取れない。。だから多くの飲食店はちいさなグラスを入れてるのでしょうが、、樽酒の香りを味わっていただこうと今回は京都よりメーカー持参。かなり贅沢なヒノキ枡でのサービスでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です