Director

馬のキュロットコース La culotte de cheval

先日街を歩いてたら、「ダイエットスタジオ」みたいなところがあって、おうまさん 看板が出てて、ふーん。と眺めてたら、「馬のキュロットコース」ってのがあって、ちょっとときめいてしまった。「馬のおしり(キュロットか?)が2週間で」・・・って素敵よねぇ。他に言い方なかったのかなぁ。
でも、馬のおしりってなぁ。文化といえば文化なのか。

そして翌日・・・
やはり気になって確認にいきました。ええ。いそいそと。。(っつーか、そこで同時にやってる禅マッサージとやらの内容を聞きに行きたかった)
すみません。
馬のキュロット
誰もあこがれません。
Zoophilieの人だけです。
正式名は、キュロットドシュバル La culotte de cheval.
症状として、おしりのセルライトがたまりにたまっておしりがボコンとふくれてしまう西洋人に良くいるおいどのことで、それを治しましょうということらしいです。

さようなら、馬のキュロット特集・・(翻訳してあります)
ああ、早とちりはいけません。全く逆でした。うまのおしり格好いいーじゃなかった。
ひとつ賢くなりました。
恐るべしセルライト。そういえば、南仏の海岸にはセルライト尻率高いです。

西洋人に多いと言うことなので、それにしても生々しい表現ですね。

京女の大先輩・岡部伊都子さん大村しげさん

京都って言うところはいろんな人の出入りやいろんな種類の人が京都を構成してると思う。
多くの実業家、職人、学生、そして多くの虚業家が多いのが京都の特徴。東京は大阪の地下鉄から排出されるような灰色のサラリーマンはあまりいない。(いるところにはいるんだろうけど)

宗教関係、花柳関係、芸術家、・・・これらの人たちが京都の艶と華と毒を添える。都会にしか生きていけない人たち。そして都会が必要とする人たち。

物書きの彼女たちの目線はいつも、伏見の旧街道の米屋の看板、西陣の豆腐屋に注がれていた。スローライフという言葉が生まれる前からずっとスローライフだった。「もったいない」も流行る前から、「しまつしなはれ」と言ってたのだろう。岡部さんも、大村しげさんも、私の大好きな作家さん。京女の大先輩である。

京女はイケズである。そして、京女は賢い。

女優でも京女といえば、私は藤山直美と山村紅葉ぐらいしか思い浮かばない。今でも私の友人の京女達は優雅で賢い。イケズは本気の時しか出さない。
誰よりも、京都の日常をいっぱい書いてらした。しかも庶民の目で。そして気高く愛してらした。(政治的に左だった部分はいなめない。当時のインテリはみんなそうだった。)最近の京都ブームではあまり出てこられなくなったが、図書館の郷土コーナーでは彼女の棚があったはず。(そもそも、京都には郷土という漢字はあてはまらない。どこも土臭くないもの。どちらかという水のイメージが強い)
直接お逢いしたことはなかったけど、彼女の京女の芯の強さが伺える文章に、自分のアイデンティティを重ねたりした時期もありました。

もうひとりの祖母が亡くなったような気分です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080429-OYT1T00460.htm
随筆「古都ひとり」岡部伊都子さん死去

日常生活に息づく美意識をさりげない筆致でつづった随筆家の岡部伊都子(おかべいつこ)さんが29日午前3時59分、肝臓がんによる呼吸器不全で亡くなった。85歳だった。告別式は親族だけで行い、5月31日午後2時から京都市上京区寺町通丸太町上る、洛陽教会でしのぶ会を開く。
大阪市生まれ。太平洋戦争時、「天皇陛下のためには死にたくない」という婚約者に、「私なら喜んで死にます」と話し、出征した婚約者は沖縄で戦死。その自責の念が戦争や差別への抵抗精神の基盤となった。
戦後、ラジオ番組のために書いた原稿が1956年に「おむすびの味」の名で刊行され随筆家として注目された。晩年は京都に暮らし、紀行、エッセーで仏像や花などの風物と人間の営みを細やかに描き、それらを踏みにじる戦争や差別、環境汚染などを批判した。作品に「古都ひとり」「女人の京」「朱い文箱から」「朝鮮母像」など。
故岡部伊都子さん(随筆家)をしのぶ会は、5月31日午後3時、京都市上京区寺町通丸太町上る、洛陽教会。時間が変更された。
(2008年5月1日00時47分 読売新聞)

病院ファッション

病院日記の続き。
そうそう、フランスの看護婦さんファッション・・・日本との大きな違い、第一帽子は被ってません。ま、街の中でも帽子を被ってるのは英国人と日本人だけですが。さて、役職や位は、名札でチェック。服装についている帯の本数などでは関係ない様子。
小児病棟の雰囲気みんな結構楽しそうな人多いです。職場的に明るくしなければならないのか、声もデカくてとにかく子供相手だからか「はいはいはーい。注射痛くないよ~。あああ、、あんなところに、なんの絵だろう?あ、もう終わったよ~はい、ぼんぼんあげよ」的な役者揃い。
(下の息子が通っている半日保育のギャルドリーの方がよっぽど子供嫌いっぽいアシスタントとかがいたりして)さすが医療機関。
さて、ファッションに戻りますが、足元がまたこれ、、全員サボ。白が80%だけど色つきもちらほら。病院指定とか、薬局で売ってるタイプが多し。医師はたまに好きな靴を履いていますが看護師、そして、ヘルプの人みんなサボ。庭仕事じゃないんだけどさ。走らないから良いけど、足をぐっくりしたり、疲れないか心配。だって、私からすれば寿司屋の高下駄みたいなもんだし。
また医師と看護婦の関係がフランスと日本じゃちょっと違う感もあり。日本の看護婦さんはもっと発言権が与えられてるような。。。もっとエラそうで私は頼りがいがあって好きだけど。
日本でへんなお店で人気のありそうなピンクの制服?の似合うお姉様的な方はどなたもいらっしゃらず、女っ気を振り切って働いてる方が多かったです。どちらかというとアラブ系の(いろいろいるけどね)お姉様方の化粧のばっちりさは白人フランス女達負けてますね。白人フランス人なぜかみんな枯れてるし。
もちろん喫煙率はどこの国でも同じ高そうでした。
ま、いいけど。病院ファッション。写真取ってくれば良かったですね。ま、入院中はそんな余裕もなかったので許してください。

美食の国に恥じないために

ワイン関係の仕事をしていた頃は、独身だったし美食関連の話題も多くて機会も多くてそれなりにつきあってる人も美食家だったり、理解のある人が多かったのだが・・・
幼子二人抱えた、兼業主婦になってあまりにもこの国の子供への食育の感心のなさに驚くことが多い。(これって社会階層によるのか、人によるのか)
簡単に言うと、複数家族が会合などで食事するとき、だいたい子供は別のテーブルに座らされて子供のメニューを食べる。子供はスパゲッティ&デザート、大人はサラダからチーズのフルコースみたいな・・・そういう食べ方なんだけど。
しかしこれって、子供の人権侵害ではないかと思ったりする。
これだけ子供は子供みたいなものを食べさせておいて挙げ句の果てに
「うちの子はパスタとピザしか食べない。」
とか言って嘆くんだろ。と悪態をつきたくなる多くのフランス庶民たち。ま、あたしみたいな親バカ日本女は、子供に珍味だの美味しいもの食べさせて喜んでるから、外出時、お呼ばれ時だけ注意してればいいのだけど。
しかし、傾向としてあまりにも大人の世界子供の世界と隔てるのはいかがなものかと。
やはり食べるものが一緒というのは精神的にも良いと思うのだけどな・・・ま、私もコテコテの保守でもないんですけど、ちょっとフランス人のおばかな子供への味覚に対する固定観念にはビックリさせられること多いです。

過去のない男

kako.jpg
久方ぶりに子供を寝かせて、DVD。
衝撃的にクレイジーケンバンドのBGMがでるとなぜか車内食堂が日本食堂というおかしさ。この飛び出てる感がたまらなく良い。あと、鉄子向けにもたまらないシーンがいっぱいあります。犬も電車もこの映画ではとても優しいんです。無機質ではないんです。そこがすごい。視覚的にかなり笑ける。
そして、どうしてこんなに北欧人て静かなんだろ。
そして注目したいのが、
間。(ま)
間が日本人だけの時間感なんてなんて日本人は思い上がりなのでしょう。
こんなゆっくりとした上品な会話の流れにはいるとフランス人の特に南仏アラブのせわしない下品さがいやになるけど。ま、同じアジア、オリエンタル。モロッコから大阪のおばちゃんまで実は同じ呼吸だなぁって思うときある。そうそうもちろん良い意味でね。
カンヌで二つ賞をもらっているといえば、だいたい雰囲気おわかりでしょう。
それにしても、主人公達と年が近くなって見てるので多分20代の頃と感じ方が違うのだろうなぁ・・って思いながら。
この年の審査員が年寄りばっかりだったんじゃないかと。パルプフィクションをパルムドールにする映画祭でもあるのね。
ま、セックスと暴力ばかりしかなかった表現に飽きてしまった中年へ。ゆっくりと人生をかみしめたいなと思わせる静かな映画。ま、しんきくさいといえば、めっちゃしんきくさいねん。でも、あの間の取り方が人生やわ。っておもったり。年取ったなんて認めたくないんだけどね。いや、いつまでも私の精神年齢は18歳です!
そうそう・・・ユーロスペースの「人生は前にしか進まない」っていう台詞ほど前向きな映画でもないんですよね。砂時計が落ちるように人生が流れるだけっていうその控えめの良さが良い。
今日から気分を変えて外部ブログ。ややこしいなぁ・・・
http://www.amazon.fr/LHomme-sans-passe-Markku-Peltola/dp/B00008NEQC