パリのバリアフリー情報

パリのバリアフリー事情について

フランス国鉄のシニア割引カード

少し前になりますが、2019年5月9日よりフランス国鉄はいままであったいろいろな割引カードの種類を統一し、49€(1年有効)のシニアカードを含む4種類を発表したのでこちらを紹介したいと思います。

種類は4つで

家族カード
シニアカード
週末カード
ジュニアカード

シニアカードについては60歳以上であれば国籍を問わず生年月日の証明さえあれば誰でもネットでも窓口でも買うことができます。

★1年間は使い放題。何回使っても割引は適用されます。
★12歳以上の同行者ひとりも適用
★割引率は通常料金の30% (1等2等クラスとも可)
★スイス、イタリア、ドイツ、ルクセンブルグ行きもこのカード適用
★このカードで4-11歳の子供と同行するときは最大子供料金の60%割引
★食堂車は15%割引
★パリ近郊は適用されませんが近郊線の場合、最大50%まで割引可能

などです。49€払って3割の割引が適用されるのであれば、単純計算で結局年間160€以上使う人なら(だいたい平均的にパリ-マルセイユの正規料金40-100€だし2回往復すればでもとが取れるので)同行する家族や友人の分も安くなるのでだいぶお得なのかも。(家族でないといけないだとか、結婚してないといけないだとかそういう規定も一切なし。さすがそういうところはフランス)

フランス国鉄の料金の大きな特徴は結構昔から、飛行機と同じく混雑期と閑散期の料金がほんとうに天地の差なので(昔は今のようにインターネットで瞬時にわからないので、ゾーン緑の時期とかそういう分け方をしていました。このカードは混んでるときにでも適用されるのであればかなりお得感はあります。

一年有効ですので一回旅行で来てもまた一年以内なら使えるのも魅力的。今度のフランス旅行にシニアのみなさまいかがでしょうか?

SNCF シニアカード
https://en.oui.sncf/en/train/discount-cards/avantage-senior

次回は障害者割引についてブログでご紹介したいと思います。乞うご期待!

障害者割引について SNCF (仏語)
https://www.accessibilite.sncf.com/informations-et-services/foire-aux-questions/billets-et-reductions/

『基準外』Hors Normes

Aquaboulevard Gaument で鑑賞。

どうしましょう。私もう映画見て最近泣いてばかりいます。これもすごい映画。ヴァンサン・カッセルっていうと、モニカ・ベルッチの元夫とか、美女と野獣の野獣とか、オランジーナのフランス人ぐらいしかイメージのなかったんですが。。。彼の新作、そして『最強のふたり』の監督といえば、また泣き笑いのヒューマニティ?。。。

いえいえ今回は自閉症(10代から就業年ぐらいまで)の施設の現状を描くという。。ま、パッと見もしかして「重い?」なんですが、重いです。ほんとに。

ものがたりは、毎日忙しいこの自閉症の子どもたちを預かるデイケアNGOに、ある日国の監査がはいるのですが、監査官たちが自閉症の子の母、重症の自閉症の病院の病棟長、などのインタビューによってこの映画が進んでいきます。とはいえこれは本当に話なのです。

ブルノ(ヴァンサン・カッセルいつもキパをかぶってるユダヤ人)は自閉症のデイケアを担当、そして、もうひとりのマレック(レダ・カテブ・イスラム教徒)のはその子どもたちを世話する郊外の若者たちをまとめて教育してまともなエデュケーターとして育てる役といっていいでしょう。このふたりの組織がくっついて子どもたちのデイケアになっており、一見とてもうまく回ってるように見えるのですが、それが基準外なのです。。。というのもエデュケーター全員がもともとだいたい郊外のドロップアウトの若者なんで、資格なし、遅刻はする、約束守れない、すぐ諦める、長いフレーズが作れないから始まります。そして借りてるデイケアの場所も狭い場所に子供を詰め込んでるや音を出すのでで近所から苦情が来る。。あきらかに規則をまもってない。基準外です。ブルノは小児自閉症病棟や親たちからの電話がたえない。仕事の鬼。そしてひとりずつ丁寧に答えるので女性を紹介してもらっても全然デートに進めない(これはヴァンサン・カッセルらしくない。郊外のワルたちを丁寧にいちから人間扱いし、話しをし、責任感の持つ子に育てるマレックの兄貴っぷりはさすが。スケートにも連れていきその自閉症児だけではなく名もないエデュケーターたちも育てていく。

この映画の良さは徹底的に障害者に対する「かわいそう」がないこと。お涙ちょうだいをいっさい突き放しています。この表現の潔さが監督のセンスなんだなと思いました。障害者映画ってだいたい24時間テレビ的なエッセンス必ず入るのですが、まったくないです。「最強のふたり」はそれを飛び越えた富豪という設定でしたがこれは普通の障害児たち。補助金を切られる危機に瀕しているのもこの映画に緊張感を与えます。ただ、普通の人間として、そのまま。淡々と、ドキュメンタリーのような映画。人間愛って言うと恥ずかしいけど、ほんとに人間ってこんなことするんだよ。と描いてくれてほろっと涙が出る。

これは実際に19区にあるNGOの話ですがほんの数キロ先には金融の街ラ・デファンスがあり、花の都パリの象徴である凱旋門があります。華やかな影にこういうところもある。同じパリ。重いけど感動した。ハリウッドスターのヴァンサン・カッセルがこの映画に出てくれたことに本当に意味があると思いました。だって見に行くもん。

そして素晴らしいことに、映画館で上映後に拍手が起こったという奇跡がありました。本当にこういう映画はたまに見ないといけません。地味ですが素晴らしい映画でした。

https://www.lci.fr/psycho/un-petit-miracle-le-film-hors-normes-peut-il-faire-changer-le-regard-sur-l-autisme-2136454.html

車椅子席手配もOK! FIFA女子ワールドカップフランス 2019のチケットはお早めに

そろそろパリも春めいてきました。春はスポーツの季節!!!ということで今年のパリは熱いです!!今年は第8回FIFA女子ワールドカップが6月7日から7月7日にかけてフランスで開催される予定です! どの都市もパリからですとTGVでいけるのですが、駅からスタジアムまでの距離が結構長いのがネックです。。特にNiceなどは。。ほぼ国境になりますが。。。それでもサッカーファンは行くでしょう。エトワールサービスもお供致します。

ワールドカップと同じくフランス国内中のスタジアムで開催される予定なので移動が大変ですが楽しみです。

もちろん日本は予選を勝ち抜きグループDに登場。

イングランド、スコットランド、アルゼンチン。。と強豪そうなチームばかりでビビるしかないのですが日本女性の底力で頑張って欲しいものです。

もうすでにチケットは販売中です。こちらのサイトより。前回の男子のロシア大会よりもだいぶクリアーにわかりやすくなったようです。

ただ、車椅子の方は事前に特別な登録が必要ですので、ご注意を。日本のサイトからでは直接行けないようですので英語か仏語からお入りください。。英語版もありますが、直接電話番号等はFIFAフランスになります

 

まず障害手帳等の英訳をスキャンして登録しアカウントを作りそこからになります。

英語や仏語でのやり取りが必要な場合、もちろん普通の健常者様も、またチケットの手配がご入用な方は弊社にお任せください。また当日のタクシー移動等の手配等もうけたまわりますのでお気軽にお尋ねください。😄

 

 

春のマラソンエントリー受付中レースご紹介(車椅子可能もあり)

節分を迎え旧暦の新年が始まればもう春までもう少し。もちろん冬の間も楽しいことはいっぱいありますが、春はまたスポーツの季節!ヨーロッパの街を自分たちのために車を止めて走れるだなんてなんて気持ちがいいのでしょう!今日は今年開かれるヨーロッパ主要都市でのマラソン大会のエントリー情報のお知らせ。 東京オリンピック・パラリンピックももうすぐ。そして東京の次はパリ!!!!

エトワールサービスでは今年よりユニークな展示会や車椅子でも参戦、観戦できるスポーツイベントのご紹介をじゃんじゃんしていきますので、もっと気軽に車椅子でパリへお越しくださいね。

とにかくマラソンは日頃の練習の成果!今からでも遅くないトレーニングを積んでメドックマラソン目指しましょう。

No tags for this post.