パリの日本酒とワイン

パリの日本酒とワインやグルメについて

日本酒のこと

実は私の過去は・・・

車椅子旅行オペレーションの裏の顔がございます。(知ってる人は知ってる)。というのは、実はもともと京都にいるころはワインアドバイザーでして、、もとは家がワインの卸小売をしていて、楽天より先に日本で細々通販ワインやっていたんです。それでひょんな事でワインの飲めない仏人とフランスに来て、ワインよりツーリズムの面白さに目覚め、パリに来て特殊ツーリズムの車椅子旅行の会社を立ち上げたものの、飲料のパッションは隠れ持ってまして。。笑。そしたらたまたまご縁のある日本食材商社の社長にご紹介を受けこちらで京都の大手酒造メーカーのパリの営業広報をまた細々と担当しております。細々とです。

Salon du Sakeの盛上がり

毎年10月第一週の週末に行われる日本酒サロン Salon du Sake は国外で行われる最大の酒サロンと言われており大盛りあがりです。今回はもう6回目でそろそろ運営側もこなれた感じで毎年会う酒蔵さんもあったり和やかな雰囲気でした。そして3回目の私が今年のスタンドに立ってびっくりしたことはトンチンカンな仏人の質問が少なかったことです。これにはびっくりしました。知識度がすごく上がってるのもびっくりでした。これはすごい!そしてすごい入場者。最近はフランスでも日本酒を作ってる仏人や日本人の方がいらっしゃってすごいことになっております。。

本当のフランスの日本酒事情

こういうことを書くと多くの日本の方から“フランスで日本酒が流行ってるんでしょ?”と言われるのですが。。実際パリに住んでいると“はっ?”と苦笑いするしかないのです。実際日本酒のお店がパリにはポツポツできているのは確かです。熱意を持ったフランス人が一生懸命に日本酒を売ってくれていたりします。パリジャンがワイングラスで日本酒を飲んでいるバーも数件あります。ただパリジャンが普通に買い物に行くFranPrixやMonoprix, Carrefour に日本酒が置いてあるかどうか?確かめられたことはあるのかしら?と思います。実際今回10月6日フラと立ち寄ったスーパーでの様子です。

sakerayonsupermarche

アルコール大国のフランスのスーパーの大きなワイン売り場に日本コーナー。じゃあまり知られてない日本酒がポツリと一種類。(ちなみにここはローランギャロスで有名な16区のCarrefourオートゥイユ店)。近所のNicolas(酒専門チェーン)はウイスキーのみのセレクション。まだまだ道は長いぜ!まこんなもんです。。

民衆化、民主化できたお寿司

ということでやらなければならない仕事はたくさんあります。先日お会いした日本酒普及の第一人者の平出淑恵さんは「カフェのメニューにSAKEを置きたい」とおっしゃってました。素晴らしい野望です。そしてすごくわかってらっしゃるなと思いました。それがいかに難しいことか。。

逆に見ると昔の日本にもワインってありませんでしたものね。それを今のように1種類でも輸入品のワインが飲食店の飲料リストに載る。。ってすごいことだと思います。これのなにかきっかけは何だったのでしょうか?

別のものですが日本人の優勝者がいなくなった途端、柔道が世界語になった子供の頃を思い出しました。伝統を守れなかったと涙をのんだ先人たち、今や寿司ポリスまであらわれるようになったけど、外国人に任せた途端に世界中に爆発的に広がったお寿司を考えるなにかヒントはないでしょうか。伝統を破るのではなく、伝統が変わっていくのです。現在アメリカで量産している日本酒があるからこそ日本産の日本酒に価値があるという背景もあるでしょう。そして市場の成熟という背景。そろそろじゃないでしょうかね。

模索は続く

もちろんまだまだ模索は続くでしょう。Japan Expoも、ワールド寿司カップも主催者も優勝者もみんな非日本人です。漫画やアニメは日本の心ではありますが、日本の誇りではありますが、クールジャパンをもう自分でしないで第三者にやってもらうのも手でしょう。もうそろそろ日本の手を離れて旅立って旅をさせてあげることもこの酒造を絶やさず続けていく一つの方法なのかと。色々考えさせられたサロンでした。。

ユネスコでSakeのサービスお手伝い仕事行ってきました!

Japonisme2018 という文化のお祭りがパリ各地(フランス各地)で只今開催されており、ありがたくも、ユネスコ(パリ市内)でお酒を振る舞う機会があり、日本酒の説明部員を兼ねてサービスのお手伝いに行ってまいりました。

ユネスコ本部に行ってもバリアフリー状況ばかりに目が行く私。。。もちろんユネスコでしたからいろいろな場所でバリアフリーは実現されておりましたがやはり古い建物なので少し大変かなと思う部分もあり。入ってすぐのところの日本庭園などなど。後ろに見えるのが安藤忠雄やで!と教えてもらいましたが。。なんかコンクリの筒ね。

 

なぞの日本庭園

これいけてないです。↑なんか、借景がお向かいのビル。ユネスコやのに。なんやねん。

ということでレセプション風景ですー。

 

今回の課題はこのヒノキの枡の再利用問題。シャンパングラスならいくら口紅ついても洗えば終いですがこれは口紅が一旦つくと取れない。。だから多くの飲食店はちいさなグラスを入れてるのでしょうが、、樽酒の香りを味わっていただこうと今回は京都よりメーカー持参。かなり贅沢なヒノキ枡でのサービスでした。

No tags for this post.

セザンヌのおうちでプロヴァンスディナー&ワイン

collage

年に一回のセザンヌのおうちでプロヴァンスディナー&ワインのお知らせです

来る6月28日午後7時半よりセザンヌ邸でMOFになりかけた(笑)(実際フィナリストまで残ったので次の機会には必ず獲るでしょう)地元のシェフとエクス中心の5つのAOPのワイナリーが集結してディナーを開催します。これは年に一回の観光局(ワイングルメ課)企画のお祭り。舌の肥えた地元の人が選んだ地元産のワインとプロヴァンス食材だけのおまつり。観光局主催なので実はクオリティに曇りがありません。自慢できるものしかもって来てませんから。準備に準備を重ねてきたエックス地方局の自慢のイベントです。

テーブルごとに下記の参加ワイナリーの醸造家がつき、ワインの説明をしてくれるというキモイリ企画です。ぜひお見逃しなく。食事の最初にはアペリティフタイム。それから真夜中までセザンヌ邸のお庭で夏の夜を楽しみましょう。

メニュー

– Poissons Méditerranée
Terrine de Bouillabaisse / Subtile rouille / Pain toasté

地中海のおさかな
ブイヤベースのテリーヌ、絶妙ソースとトーストしたパン

– Pièces de veau Français
La longe cuite devant vous / Tartine de légumes de saison / Jus osso bucco

長時間下ごしらえした一口サイズの子牛、季節の野菜、ジュスオッソブッコ

– Chèvres de Provence
Maki / Gelée de Pomme Granny

プロヴァンスのシェーブルの巻き、グラニーりんごのジュレ

-L’assiette du jardinier confit  minestrone de fruits de saison à l’essence de rose
gâteau de fenouil parfumé à l’anis étoilé
croque violette
coulis de melon à l’essence de sauge

庭師のコンフィ、ローズエッセンスの季節果物のミネストローネ、星アニスのフーヌイユ風味のお菓子、クロックヴィオレット、セージのエッセンスのメロンソース

もちろんお料理とワインだけではなくアトリエセザンヌの館長によるセザンヌ邸宅のお話もあり。

日時 2014年6月28日土曜日19時30分より

場所 Jardin de la bstiede de Jas de bouffan
会費 65ユーロ
ご予約 直接エクサンプロヴァンス観光局 0442161161(仏英語)まで電話予約。
もしくは私まで直メールは日本語でOKです

当日は観光局のお手伝い予定です。よろしければお声かけてくださいねー~!!goutezvoir

ちなみに上の写真はじめてここのオンラインサイトで写真編集したのですがかなり使いやすかったのでリンクはっときまーす。

パリの日本酒って? L’actualité du saké en France

今日はSake Samourai(日本の酒造組合が海外でお酒を広めるためにつくられた)という称号をもった仏人のシルヴァン・ユエさんの日本文化会館での講演会及び試飲会に行ってきました。これはフランスの一般消費者に酒の理解を促すための講習会及び試飲会で対象はレストランさんとかじゃなくて普通の人。土曜日の昼間にエッフェル塔横の日本文化会館で熱気のある集まりでした。(ちなみに日本文化会館の前は京都広場という名前)

彼が言ったことをとりあえず忘れないため。

※フランスではまちがったイメージのSAKEが90%以上。SAKEはスピリッツでもなく食後酒でもない。

※SAKEは醸造酒である。とはいえビールでもワインでもない。SAKEはSAKEというカテゴリーでいい。

※酒の材料とは米と水と技である

※酒にはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレはないが、作り方の妙意で多様に出来栄えが変化する。それを味わうのが酒のおもしろさである。

※酒の温度の表現はまるでポエムだ。

Tobikiri kan : “Saké chauffé au point de nous faire partir pour de bon” (égal ou supérieur à 55°C)
Atsu kan : “Saké chauffé vraiment chaud” (50°C)
Jo kan : “Saké chauffé à température supérieure” (45°)
Nuru kan : “Saké chauffé tièdement” (40°C)
Hitohada kan : “Saké chauffé à la température de la peau” (35°C)
Hinata kan : “Saké chauffé par les rayons du soleil” (30°C)
Jo on : “À température normale” (ambiante) (20°C)
Suzu hie : “À la fraîcheur rafraîchissante” (15°C)
Hana hie : “À la fraîcheur d’une fleur” (10°C)
Yuki hie : “À la fraîcheur de la neige” (5°C)

※合わせる料理はワインよりバラエティがある。(酸と合わせるのは日本酒だけ、ワインは酢の物などとはあわない)

いろいろ異論はあるかもしれませんが、わかりやすいステファンの講演会でした。

もともとワインを売っていた私が、今なぜかパリの土地で日本酒の仕事?ほんと人生ってどう転ぶかわからない。。ただこうやって2つの国で2つの商品を2つの側面からを経験してる私から見て今のパリの日本酒キラキラブームは1990年代の日本のワインブームと少し似ているところがあります。あの頃の日本はまだ景気もよく、当時はなぜかグラン・クリュの上等の赤ワインだけが売れていました。オック地方だのプロヴァンス地方だのは全く見向きもせず、ボルドーやブルゴーニュのグラン・クリュしか売れませんでした。びっくりするような若い人がはじめての赤ワインとしてグラン・クリュを飲んでいました。(黒猫とかブルーナンとかマテウスロゼもいたけどね笑)

それからいろいろな味を知りたい層が現れ、カリフォルニア、オーストラリア、チリなども輸入が増え都市を中心にワインが一般化されていきました。一般化と言う、民主化でしょうか。

いまのロンドンもパリもそんな気がします。消費の第一段階で、おしゃれで味覚に敏感な人たちがハイエンド日本酒の面白さに気づき日本酒グランクリュを嗜み始めています。これはとても素晴らしい一番人間の保守的な味覚の扉を開けつつあり喜ばしいことです。

ただ、次のステップとしての民主化がどういう形で行われていくのか?ずっとこのような状態なのか?というのが私の大きな楽しみでもあり一応、認定の酒ソムリエとして観察していきたいと思っています。

日本酒にしろワインにしろ「工業製品」ではなく「農作物からの加工品」ですからどうしても「土地」が応えてくれる長いスパンのビジネスです。国の農業政策も関わってくることもあるでしょう。いろいろな視点からもやはりアルコールというもの関わってきて今日はついつい飲みすぎましたね。またコツコツと情報のアップデートは続けなければ。。ですね。