アメリカ映画

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のつぎはぎっぷり

ひとことでいうと。。。。。。。。ハリウッド蒲田行進曲な20世紀少年ね。。なんか全体的に既視感が。。 (このふたつを見た人にはわかってくれる)

映画オマージュはだいたい業界の持ち上げにしか見えないんだけど、、そういう映画って多いし、映画フィルのあたしみたいなひとはうるうるするし。

すべてのシーンが自作の全作品のはりあわせなんじゃないの?的な。。だから映画をよく見てる人にはデジャヴュというか「ニヤ」シーンが多いというか。特にあたしみたいなタランティーノとともに中年になってしまった世代にとっては「かっこいい」ツボが似てるのでやっぱりいいです。

女の子が「ディズニーは天才よねぇ」とかしみじみいわせるところとか、、逆に白々しい。。。それ本当だもの。

芸達者なデカプリオと実は隠れ芸達者ブラピの大共演。

とりあえずハリウッドのオマージュ満載で69年頃のバックグラウンドの予習から。普通知らないよねぇ。ポランスキーなんて。。あたしにとってポランスキーっていうとペド兄さんとしか意識がなかった。。奥様殺されてたとは知らなかった。

レオ様が落ちぶれの西部劇俳優で、ブラピがその彼のダブルスタントマンの役。俳優でも顔の出ない後ろ姿や乗馬シーンとかの俳優だから、そんなに稼いでなくて普通にレオ様の運転手をしてたり、まぁ小間使的な位置。

西部劇の終わりテレビ時代の幕開け。

デカプリオの中年の苦悩、生きづらさの見事な表現、ふと思ったんだけど、この人私が若かったときに見たジャック・ニコルソンとかロバート・デ・ニーロ的な位置にいくんだろうなぁ。ひょうひょうと酒も飲まずにベジタリアンに生きる影武者のブラピの方がクールに生きてる対照も面白い。「I Tagna」で見事なホワイトトラッシュなビッチをしてくれたマーゴット・ロビーを綺麗どころだけに出演させるのはもったないけど、時代背景といえば仕方ないわね。

スターウォーズやランボーシリーズ、マーベルシリーズの前のハリウッド。なんにも知らなかったのよあの頃のアメリカって。

ビバリーヒルズ住宅地のの高騰前の雰囲気。当時流行ってたであろう家庭に一台のミキサーを妙に大事にする仕草とかすごく好き。

ただ、殺し方はキル・ビルそのもの。(ネタバレというか、それしか見せ場ないんでしょ?的な)

そして最後のタバコの広告は映画だからやってしまうという悪趣味なジョークなんでしょうか。

ラリったブラピと対峙するヒッピーはまじ気の毒だったけど、映画としての楽しさもいっぱい。だから映画はいい。楽しいから。

正直この映画はメジャーじゃないですから。ま、カルト映画として趣味の人が、「これ面白いよぉ」と言うための映画のような気がする。ただこんな宣伝してしまって別に感動の大作でもないし、世紀のお手本になるような話でもないし。なんでこんなに騒いでるのかわからない。ちっと辛口ですが、お洋服も美術も大好き。でもタランティーノ大好きだから何でもいいの。。

Joaquin Phoenix as Joker (image:Warner Bros. Pictures)

『ジョーカー』見てきました・・・

後味最高に悪い。本当におすすめしないわ。同じ2時間を楽しく過ごすか。。2時間を彼の絶望とともに過ごすか。。それでも行ってしまいました。これはカルト映画になかもしれません。そういう予感がする。

いきなりですが。

彼がもうだんだんJOKERになっていって、自分をチクった同僚を殺したとき、そばにいた小人の障害者だけはちゃんと逃したのです。障害者は殺さないの。あれってね、少数派とかマイノリティとかの象徴だからだと思うのね。。彼自身も障害者だし。彼もマイノリティ。この痛みがわかってるの。これって世界中に生まれてるテロリストと同じ構図じゃない?

彼は病気で身体障害者なのに芸人として生活保護で細々とお母さんと暮らしてる。病気と言ってもどちらかという精神的なもので市がカウンセラーの先生との診察すら予算カットしてしまう。処方箋が出なくて彼はもう薬が飲めない。これ現実。本当に辛い病気なのに。街の財政が悪化し弱者からしわ寄せが来る。住んでる低所得者アパートのエレベーターも動いたり動かなかったり。ギリギリの生活。

ひょんなことから彼がウォールストリートの男たちを殺したとき、街の人は治安は悪くなるとはいったけど、でも人々は傲慢なウォールストリートを憎んでいた。みんな犯人は誰だろう?と思いながらも犯人の手がかりであるピエロの変装を支持してみんなピエロの顔になってたよね。あの電車のシーンでそれで救われた、 彼自身でさえ、電車の中でびっくりしてた。

TVショーに呼ばれたときは“僕のこの格好は決して政治的意図はない”とさえ言ってた。

あれって香港の今の姿に似てない?誰も口に言えなかったことが実はみんな思ってた。それを言う人が現れたとき。。熱狂的な群衆が暴れだした。

つまりもうマイノリティーだと思ってた意志が絶望を経て狂って共感を得て、大きなネガティブパワーのうずまきになっていく。。これってほぼテロリストの誕生よ。ゴッサムシティも、今みんなが住んでる街も同じ。

これは現代社会の叫びなのかもしれないよ。

マイノリティの叫び。

アメリカだってトランプが大統領だよ。
ゴッサムシティよりひどいんじゃない?
これが現実の社会なのかもね。

それにしてもDCって暗い。。

米仏女性映画対決(Ocean’s 8とBécassine)

女性が主人公の映画を立て続けに2本ロードショーで見たんですけど。今週のアメリカとフランスの対決?というか。

アメリカはドハリウッドなNYのMETガラが舞台、フランスは20世紀はじめのブルターニュのお屋敷の女中の話。(伝統的BDというかマンガの実写版,日本ではのらくろの時代?)

Ocean’s 8

ベカシン

ふたつとも同じ映画館で横のスクリーンでやってるのですが。。

「Ocean’s 8」 は見ての通りのスタイリッシュな現代女泥棒軍団の話。女なりにいろんな理不尽と戦いながらも生きている8人の女性のファンタジー。ケイト・ブランシェットのかっこよさといい、『スピード』から見続けてるサンドラ・ブロックのアメリカン・ガールの成長ぶりといい、レズで有名な女優、アジア系、カリブ系女優とウーマンズパワー満開。これこそ女性が見たかったエンタメ!感を全部凝縮。男性を打ち負かして勝った!と喜んでいた80年代の『ワーキングガール』からの価値観の脱皮。社会、権威、なんかを笑い飛ばす爽快感。日本の映画「黒い10人の女」のように男に復讐するような恨みもつらみも実にはあまり重要視されてなくて、自己実現に燃える女性が今の現代っぽい。ハッピーエンドな「王子様と結婚して幸せに」の構図がまったくなし。まさに時代が求めてたものをちゃんと見せてくれるハリウッドの感覚には脱帽しかないです。

で、「ベカシン」のほう。。もう予告編見てこのギャグの寒さに怯えてしまうんだけど。

ま、明らかに、やばい。ただこの映画で見るべきところはすべてのデコやお洋服の材質の良さ。ベカシン(女中役)のお洋服の材質感、子供役のルーシャルロットが眠るリネンの質の良さ、あと伯爵夫人のおうちの装飾の趣味のグロテクスさ(フランス的な伝統的な。。)かなとも思ったり。セリフは現代劇ではなく、クラシックフランス語なので正直ふつうの現代劇より私は理解しやすかったです。しかしいくら制作がコメディー・フランセーズの人とはいえ今この時代にネジのゆるい女中のバカ話を映画化するのは逆に勇気がいったとおもいますが。。ポリティカリー・コレクトな面も考えて、「女性がおバカ」という主人公映画では観客は振り向かないでしょう。これは時代にあってないけどそれがフランスと言われたらそうかも知れないけど。。子供向けのギャグでも化石すぎて。。

といわけで米仏今週のロードショーは圧倒的に米の勝ち。

PS

このビデオはOceans8ハッキングシーンの解説。ミッション・インポッシブルじゃなくても普通のハッカー技術らしい。

猿の惑星:創成期 (映画)

自宅にて
クルーニー様の次はやはりマット・ディモンとか言われてますがやはり私はジェームズ・フランコのアメリカンボーイな陽気さが好きです。
 
そんなことより映画の内容・・って私はそんな猿の惑星ファンじゃないので比較も何もできなくてごめんなさい。でもお父さん役のこの俳優さん。あの「ガープの世界」とか「フットルース」方でしょ。おかわりないわ。いつもおじさん役。
 
誰も完全な悪役はいなくて誰も完全な善者はいないからみんな考えさせれれる。あえて言うなら決して猿に人格?をもたせたところから問題は始まる。
 
ひとつだけ気になったことは、ジェームズ・フランコ役の医師が実験中の持ち出し禁止のお薬を研究所から盗み出してそれを自分のお父さんに投薬し、お父さんがご機嫌にアルツハイマーから復活するというエピソード。
 
あれ、普通職業倫理で咎められるべきなんだけど、上司にあとで報告したら「よくぞやってくれた・おまええらい」という反応でびっくりしました。アメリカ製薬業界倫理観ナッシングです。
 
息子によると悪役はハリーポッターの悪役だそう。
★★★☆☆