ワインとお酒

日本酒のこと

実は私の過去は・・・

車椅子旅行オペレーションの裏の顔がございます。(知ってる人は知ってる)。というのは、実はもともと京都にいるころはワインアドバイザーでして、、もとは家がワインの卸小売をしていて、楽天より先に日本で細々通販ワインやっていたんです。それでひょんな事でワインの飲めない仏人とフランスに来て、ワインよりツーリズムの面白さに目覚め、パリに来て特殊ツーリズムの車椅子旅行の会社を立ち上げたものの、飲料のパッションは隠れ持ってまして。。笑。そしたらたまたまご縁のある日本食材商社の社長にご紹介を受けこちらで京都の大手酒造メーカーのパリの営業広報をまた細々と担当しております。細々とです。

Salon du Sakeの盛上がり

毎年10月第一週の週末に行われる日本酒サロン Salon du Sake は国外で行われる最大の酒サロンと言われており大盛りあがりです。今回はもう6回目でそろそろ運営側もこなれた感じで毎年会う酒蔵さんもあったり和やかな雰囲気でした。そして3回目の私が今年のスタンドに立ってびっくりしたことはトンチンカンな仏人の質問が少なかったことです。これにはびっくりしました。知識度がすごく上がってるのもびっくりでした。これはすごい!そしてすごい入場者。最近はフランスでも日本酒を作ってる仏人や日本人の方がいらっしゃってすごいことになっております。。

本当のフランスの日本酒事情

こういうことを書くと多くの日本の方から“フランスで日本酒が流行ってるんでしょ?”と言われるのですが。。実際パリに住んでいると“はっ?”と苦笑いするしかないのです。実際日本酒のお店がパリにはポツポツできているのは確かです。熱意を持ったフランス人が一生懸命に日本酒を売ってくれていたりします。パリジャンがワイングラスで日本酒を飲んでいるバーも数件あります。ただパリジャンが普通に買い物に行くFranPrixやMonoprix, Carrefour に日本酒が置いてあるかどうか?確かめられたことはあるのかしら?と思います。実際今回10月6日フラと立ち寄ったスーパーでの様子です。

sakerayonsupermarche

アルコール大国のフランスのスーパーの大きなワイン売り場に日本コーナー。じゃあまり知られてない日本酒がポツリと一種類。(ちなみにここはローランギャロスで有名な16区のCarrefourオートゥイユ店)。近所のNicolas(酒専門チェーン)はウイスキーのみのセレクション。まだまだ道は長いぜ!まこんなもんです。。

民衆化、民主化できたお寿司

ということでやらなければならない仕事はたくさんあります。先日お会いした日本酒普及の第一人者の平出淑恵さんは「カフェのメニューにSAKEを置きたい」とおっしゃってました。素晴らしい野望です。そしてすごくわかってらっしゃるなと思いました。それがいかに難しいことか。。

逆に見ると昔の日本にもワインってありませんでしたものね。それを今のように1種類でも輸入品のワインが飲食店の飲料リストに載る。。ってすごいことだと思います。これのなにかきっかけは何だったのでしょうか?

別のものですが日本人の優勝者がいなくなった途端、柔道が世界語になった子供の頃を思い出しました。伝統を守れなかったと涙をのんだ先人たち、今や寿司ポリスまであらわれるようになったけど、外国人に任せた途端に世界中に爆発的に広がったお寿司を考えるなにかヒントはないでしょうか。伝統を破るのではなく、伝統が変わっていくのです。現在アメリカで量産している日本酒があるからこそ日本産の日本酒に価値があるという背景もあるでしょう。そして市場の成熟という背景。そろそろじゃないでしょうかね。

模索は続く

もちろんまだまだ模索は続くでしょう。Japan Expoも、ワールド寿司カップも主催者も優勝者もみんな非日本人です。漫画やアニメは日本の心ではありますが、日本の誇りではありますが、クールジャパンをもう自分でしないで第三者にやってもらうのも手でしょう。もうそろそろ日本の手を離れて旅立って旅をさせてあげることもこの酒造を絶やさず続けていく一つの方法なのかと。色々考えさせられたサロンでした。。

プロヴァンスのお土産6選

今日はプロヴァンスに来たら必ず欠かせないおみやげ特集!!!!しかもしかも15ユーロ以内で!をあつめてみました。もちろん高島屋外商サロン御用達のムスティエ焼きも、元大統領サルコジー妻、カーラ・ブルーニお気に入りのサントロペのオーダーメイドサンダルも良いのですが、やっぱりお土産文化の日本人。家族に親戚に同僚に配るためのお土産は安い方が良いし、とりあえず割れない、小分けにできる!など喜ばれる物を集めてみました!!

マルセイユ石鹸
savondemarseille
マルセイユ石鹸は生活必需品
オーセンティックな無香料のオリーブオイル72%以上のを買うのも良しこちらのおみやげ屋さんを華やかにしているラベンダーの香りや色のついたかわいい石鹸を買うのも良し。
正直、ちょいと重いのが難ですが、通販生活で買うよりだいぶ安いのでとりあえずこれはおさえとく。5-7€
オリーブオイル
olive_avecpot
せっかく本場ですので、AOC Nyons, Vallée des Baux de Provence, Aix en Provence, Haute Provence, Nîmes, Corse , Provence など日本では手に入らないAOCものを買いましょう。
ただこちらでも、スーパーではAOCは売ってないことが多いので専門店での購入をお勧めします。ワインと一緒にスーツケースの中に入れて持って帰る用。手荷物厳禁です!10-15€ぐらいから〜
タプナード
タプナードとは・・・オリーブをすりつぶしたものなんですけど、これをパンに塗ってアペリティフの時にいただくプロヴァンスでは欠かせないアペロタイムの友。
種類が2種類あり、黒のタプナードの材料は、黒オリーブ、アンチョビ、オリーブオイル[、にんにく、ケッパーのピクルスなど、緑のタプナードの材料は、緑オリーブ、松の実、粉末アーモンド、にんにく、ケッパーのピクルスなど。凝縮感よりも実は塩辛くない緑がおすすめ。他に乾燥トマトのペーストやなすびキャビアなども、プロヴァンスっぽい。5-8€
はちみつ
全世界的に蜂蜜の生産量が減っているのも心配ですが、プロヴァンスの自然の豊富なラベンダー、アカシア、お花畑で養蜂がさかんです。プロファンスの朝食には欠かせません。お砂糖はなるべく使わずはちみつで代用するのも地中海式ダイエット。マルシェなどではオーガニックなども売られていますので絶対マルシェで買うことをおすすめします!500ml瓶でだいたい8-10€
カリソンデックス
calissons
言わずと知れたエックスのおみやげ。善王ルネ王が自分の結婚式の引き出物にしたことでも有名。形は目の形ではなく、アーモンドの形といいます。
口にいれるとまずは、コーティングの卵白がカリッ、次にアーモンド入りのちょっとネチッとしたペースト食感、そしてレモンとメロンのコンフィの香りがひろがるという日本ではあまり馴染みのないお菓子。3ヶ月ぐらい日持ちするのでこれもお土産にはおすすめ。一個ずつ個別包装を探してくださいね。あたたかいお茶と合います。5€ぐらいからあります。
ナベット
la-navette-de-saint-victor
マルセイユのビスケット。パン屋さんやお菓子屋さんで焼き菓子として売ってる事が多いです。エキゾチックなオレンジの花の香りが特徴的。
長く持つので昔はマルセイユの水夫たちの航海にも持って行けたことでも有名。1年間たんすにいれておいてお守りにするにが伝統だとか。(量り売りなので小さいポーションでも大丈夫)

 

いかがでしょうか?お酒のおつまみから甘党おみやげまで。このあたりの地中海式食生活は日本の和食と並んでユネスコの世界遺産にも登録されているほどの実力。食卓に上る食材の生態系からテーブルの食習慣まですべてトータルしてこその地中海式ダイエット。その大きな生態系で認められたわけですからせっかくですからそのエスプリも見習いましょう。マルセイユ石鹸でバスタイムもゆっくりと、タプナードとワインと共にゆっくりと地中海の夕暮れを楽しむようなアペロタイム。地中海のおみやげとともに生活習慣まで楽しんではいかがでしょうか。

やっとソムリエ!

日本ソムリエ協会の方針で、今まで私はサービスをしないワインのプロということでワインアドバイザーと呼ばれてましたが世界の基準に合わすという意味で

 
日本ソムリエ協会認定のソムリエ
 
になりました!

 
ディプロマラッシュの2月です(//∇//) 今年の運を全部使いきりました。

 
もともとは1994年ぐらいにワインアドバイザーを取ってると思うのですが。笑。。
 
今はどちらかというと運輸関連や通訳などでいろんな業界の方と会うことが多いのですが、「実はソムリエです」というと「隠れたパッションなのね」とニヤリとされます。
ということで隠れパッションのワインのお仕事も関係もどうぞよろしくお願いいたします!

 

{1DB60DE8-7204-4A15-9639-730240139174}