事前調査テストマーケティング
お客様のニーズがどこにあるかさがします
まずは市場を知ることから!

お客様の商品のニーズはヨーロッパやフランスにあるのでしょうか?ニーズがないと商品は売れません。ニーズがなくともニーズを生み出しやすい場所にその商品を投入すれば、ニーズが生まれます。

商品に適したターゲッティングを探し、まずはヒヤリング、ターゲットに向けたテストマーケティングを実施します。テストマーケティングがなぜ重要なのでしょうか?

商品・サービスへの客観的な判断

テストで得られるのは「売れるか売れないか」だけではありません。
実際に販売すれば、良いレビューやクレームなど生の声も聞こえてきます。

テスト結果はその後の計画に影響し、客観的な改善策を打つことにつながります。

ターゲット層を決定できます

狙っているターゲット(市場)が正しいのかを判断できます。男性ユーザーを想定していたのに、女性ユーザーの反応があったという結果はよく聞きます。結果が違う場合、国内で考えていた商品・広告戦略も大きく変わります。

リスク回避できます

ニーズがなければ、大きな損失になります。場合によっては、コスト回収のために、価格を下げて販売を続ける必要も出てくるかもしれません….

 ・今市場で求められているものなのか?
・価格帯 ・デザインはどうか?競争相手の商品は?
・パッケージはどのように訴えるべきか?
・アピールポイントはなにか?

この作業を充実させることで商品のローカライズ化、長期的な販売につながります。

具体的に

実際に使ってもらう、飲んでもらう、食べてもらう

試験的に販売、リリースしてユーザーに利用してもらう方法です。地域を限定して小規模で行い成果をみます。全国で販売する予定のものは、全国市場と傾向が似ていて平均的な静岡や広島でおこなうのが良いでしょう。

モニターに使ってもらう

アンバサダー制度などを利用し、ある程度絞ったモニターに商品を試していただきます。商品をもうすでに知っている方などが多いので、フィードバックが重要です

インタビューする

展示会やイベントに参加する機会があれば、その場でユーザーに話を聞く方法や、特定の特性を選んだ人に直接インタビューし、バイヤーや消費者や、その商品やサービスの責任者にインタビューします。上の二つと違うのはユーザーと直接会って話が聞けることです。どこが使いづらいのか、どこを改善してほしいのか、細かくヒアリングします。

Scroll to Top