欧州縦断相乗検索サイト Covoituage

旅は道連れ、世は情け

と昔の人はよく言ったもので、 旅では道連れのあることが心強く、心強い。でそこで登場したのがCo-Voituage(コボワチュアージ)。Coは接頭語で共通とか共にとかそう言う意味、Voituageは造語でVoiture(車)という仏語。だから相乗り。

 blablacar

 

交通網の整っているパリ近郊なら車よりも電車があるのですが、パリを出るとフランスは田舎。ど田舎。それにもかかわらず交通の便が非常に悪く、車が必携。実は車は所有しておりますが、長距離の移動はバスや国鉄で移動することが多く、解散場所が違うときや、どうしても時間が合わない時の最後の手段としてこちらのサイトを覗きにきます。

要するにヒッチハイクのネット版です。

自分が車を持っていない場合:(同乗者の場合)

① 出発、行き先都市と移動日をサイトで検索。
② 時間が合う人がでてきたら、クレジットカードを登録。
後に直接携帯電話で待ち合わせ場所を相談。そのときに、運転者の名前、車の種類なども同時に知らされます。(このときまだ引き落としはされません)
③ 当日待ち合わせて相乗 (車内では身の上話や仕事の話などが主。うざいときはは喋らなくて良いと思います)
④ 相乗後、サイトから自分の携帯宛に送られてきたパスコードを運転者に教えてあげる。
  運転手はそのパスコードをサイトに入力することでミッション完了(このコードを入れることでお金が引き落とされます)

運転者も同じく、自分が長距離移動する日を登録しておき、それに「同乗させてください」という人が来たら乗せてあげる。というもの。

最初は知らない人の車に乗ることに抵抗は最初ありました。ただ、アルルやアヴィニオンまで実は私の街からは本数も少ないバスや電車だと2時間かかるのですが(止まったり乗り換えたり)高速だと1時間未満で到着するので、実は私たまーに利用したりすることがあります。だって、日程と場所が合えば本当に便利なんですもの。サイトの収入は主に広告と、同乗者の手数料でまかなわれているものと思われます。(一回の成約に付き1ユーロぐらいクレジットカードからひかれることになります)

運転者のメリット:

高いガソリン代、高速代のたしになる
空席で車を移動するよりも満載した方がCO2も減る
同じ理由で渋滞も減る
長い間の高速道路運転に同乗者ができて少し楽しい

同乗者のメリット:

公共交通機関より早く着くので助かる(もちろん約束時間が合わない場合もありますが、ぴったりあった場合)
安い(そんな変わらないときもありますがたいがいはガソリン代とかを計算して値段を出してるらしくお安いです)例えば、エックスオンプロバンスからパリまで600kmですが平均がだいたい50ユーロで行けます。(とはいえ、こんな長い距離ならTGVの方がいいけど)

デメリット:

知らない人の車に乗るのは怖い
約束時間を守らない人だとお互い困る
事故などの補償があまり考えられていない

とにかく知らない人の車というのが最初、引っかかるのですが、サイトでの本人確認(電話番号だけですが)などもしっかりしており、心配はほぼありません。相乗後お互いがその人の態度やその車の状態なども評価する欄もありますので、良評価の多い人とちょうど日程が重なれば結構ラッキーなシステムです。

私も数度利用しましたが、運転手の方はだいたい女性か、オヤジ(セールスっぽい)の方が多くてまぁ、いろいろなお話しをしたりして、楽しいときが過ごせました。女性ならほんとうは前方の同乗者席には座らず、後ろに座ることをおすすめしますが。ほとんどの人の後部座席は汚いので。。まあ、そんな、。。うーん、そこまで考えなくて大丈夫です。

基本はサイト名にもなっているように、ブラブラ(おしゃべりの擬音)なので、綾小路きみまろみたいな方と高速を同乗できたらそれは時間を忘れてラッキーなのでしょうね。サイトを見るともうすでに、イギリス、ポーランド、スペイン、イタリア、オランダでも展開しており、今後このシステムがどう各国のカルチャーに対応していくのかが楽しみです。

ということでフランスを旅行するときもご利用なさってはいかがでしょうか?え?やっぱりこういうのイヤ?

サイトより:

BlaBlaCar_caroccupancy2

BlaBlaCar_infog6

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です