理想を笑うな!

理想を笑うな!

とても短い間でしたが、昨日今日と日本の大学の教育関係者の方が息子の小学校に「教育システム」及び「課外授業」についての調査にこられて、息子&私共々、インタビューという名の雑談を二時間ほどさせていただきました。専門家の方なので非常に下調べもよくされており、こちらも答えるのが楽しくてついつい話し込んでしまいましたが。。いろいろなお話しをして、一番私に欠けてる理念。つまり教育とは理想。ということを日々の生活では忘れがち。教育を施して悪くなることはひとつもない。

ですから、シニカルに構えたり、現実をみてブーブー文句言ってるようじゃいけない。古いかもしれないけど、とりあえず、理想というものをもち子供に夢を見させること。それが教育者の仕事であるということ。なんか日々の生活に追われていて忘れておりました。

彼はフランスの小学校や中学校での先生がまだ尊敬の対象であることにとても感動しておられた様子。日本の先生と比べると仕事も専門職でとにかく学校行事があまりないので仕事に集中できるのではないかというのが彼の持論でした。私もそう思います。ただ分業やりすぎの弊害も多いですけど。フランスも今やOECDの学力テストは落ちているのでゆとりからの脱却をどうするのか当事者父兄としても心配ですが。。。。教育とは時間と人の熱意の結晶なのね。なんか基本を忘れてたわ。先生ありがとう!

J’ai rencontre un professeur d’université japonais qui a dans le sujet de la comparaison de système scolaire du monde. Il est venu par hasard a l’école de mes fils, on a discute un peu en comparaison de celui de japonais.

Il nous a dit,,,,on est le tendance de oublier ‘L’ éducation est toujours vers l’idéal’, ne se moque pas. c’est très important de penser le modelé idéal dans la tête des enfants. La vie actuelle n’est pas comme on rêve, mais n’arrête pas a penser un beau avenir pour tes enfants.

Je suis plutôt cynique et réaliste. Je pense toujours comment on mange le mois prochaine..mais par-t-il, Il s’en foute complètement les problèmes sociale, l’education a la prioritaire pour la vie d’enfants. Merci m’a fait rappelle cette importance de la vie.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top