素朴なリュベロンAnsouis Luberon

リュベロンというのはヨーロッパ人の憧れなのかいろんな人が降りてきます。(北の方から)そしてみなさんユーロ以外の良い貨幣価値の高いお金を持ってきてこのあたりに家を買いそして一年の半分は太陽と共にのんびりと過ごしているようです。もうクラシックになりましたが80-90年代にあのピーターメイルさんもこのあたり(隣村)で旅行記を書いて世界的大ヒットを飛ばしました。(Marseilleからほんの50kmぐらいなのですよ)

私など庶民が、もし悠々自適のお金持ちで別荘を買えるのなら絶対海辺の白い家!と思っているのですが、リュベロンに家を買う人に言わせると「海の近くなんてそんな俗っぽいところ」ですって・・・ほほほ。うるさいわ。ですが、リュベロンはそう言うところなのです。静かでいてそして少しスノッブという言葉がぴったりな。。

さて、そんな少数派の別荘族よりもやはり多いのは、訪れにいらっしゃる方。

多くの場合、「(マダム・フィガロ風)とっておき雑貨屋さんめぐり」を楽しむか、食いしん坊は「引き抜きでやってきたシェフのいる美食プロバンス料理のレストランめぐり」でどっぷりお泊り&レストランを満喫するか、おじさま及び勝間和代系女子は「不動産屋でプール付き家の値段を見てすげーすげーとか叫ぶ」か(普通の家で一億円以上ですね)

。。と3パターンに分かれるような気がします。これは全人種?共通で日本人だからどうかとかじゃなくて、これはもう万国共通の訪れる方の反応のような気がします。米国人もブラジル人もみんなその風光明媚にため息をつき英気を養って明日からの日常に戻るのです。そして地元の人は、普通に、90年代につり上がった土地代にヒーヒーいいながら地味な生活を送ってるのが現状です。

そして今日ご紹介するのは、アンスイ村。(ついつい庵水と脳内漢字で当てはめてもぴったり来るような村です)zen_logo そして、こちらのAnsuois村はフランスのもっとも美しい村々にリストアップされている素敵な村。実は私このあたり10年ほど住んでいるのですがこの小さな村には一度も足を運んだことがなかったのです。それほどあまり有名なものもなく、素朴な小さな街で近所のど派手なドイツナンバーの観光バスがガンガン乗り付けるルーマランとは対照的に普段着のリュベロンという気がして非常に好感が持てました。もちろん観光バスの駐車場さえありませんでした。(あるのかもしれませんが、見ませんでした)

そしてこの村のおすすめは、何とも素朴な料理がご自慢のLes Moissines.但しこのおみせは11月から3月31日まで閉めてしまうので夏専門。このビデオのように必ずテラスでリュベロンのぶどう畑を眺めながら。

LES MOISSINES
SALON DE THE, Grand rue Ansouis
TEL 04.90.09.85.90
fermé du 1er novembre au 31 mars
Salades – Plats chauds..


大きな地図で見る

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top