川の底からこんにちは (映画)

 

私の大好きな満島ひかりさん。

 

この人実は「悪人」の妻夫木にすぐ殺される女性役の時からじつは気になってたのです。深津絵里よりずっと現実味のある女性だった。そして「愛むき出し」で聖書を朗読してたけど今回の「川の底」では毎日のように糞尿を川に捨てる役。
 
「どうせわたしなんか中の下の女ですから。みんなそう思ってるんじゃないの?だから頑張るしかないんですよ」
 
とかいう最後のあたりの彼女の強い声での従業員前演説にはしびれる。
 
駆け落ちして家出ていって子供つくって帰ってきた女性にこれだけ冷たいのは今の時代ちょっとやりすぎじゃないかと思うけど。私の周りに子連れ離婚で帰ってきた組とかいるけどもう子供いるだけで実家良ければ勝ち組感醸し出してるけどな。。。
 
ヒーローもヒロインも誰もいなくて、みんな適当にだらしくなくてそれがとても人間愛に満ち溢れてて、セックスを美化せず日常行為として描き、脇役の俳優さんはみんなメジャーじゃないけど「劇団で活躍なさってる方」というのが体から伝わるしみじみしじみ愛な良い映画。12才以下禁。
★★★★★
 
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top