日本酒のこと

実は私の過去は・・・

車椅子旅行オペレーションの裏の顔がございます。(知ってる人は知ってる)。というのは、実はもともと京都にいるころはワインアドバイザーでして、、もとは家がワインの卸小売をしていて、楽天より先に日本で細々通販ワインやっていたんです。それでひょんな事でワインの飲めない仏人とフランスに来て、ワインよりツーリズムの面白さに目覚め、パリに来て特殊ツーリズムの車椅子旅行の会社を立ち上げたものの、飲料のパッションは隠れ持ってまして。。笑。そしたらたまたまご縁のある日本食材商社の社長にご紹介を受けこちらで京都の大手酒造メーカーのパリの営業広報をまた細々と担当しております。細々とです。

Salon du Sakeの盛上がり

毎年10月第一週の週末に行われる日本酒サロン Salon du Sake は国外で行われる最大の酒サロンと言われており大盛りあがりです。今回はもう6回目でそろそろ運営側もこなれた感じで毎年会う酒蔵さんもあったり和やかな雰囲気でした。そして3回目の私が今年のスタンドに立ってびっくりしたことはトンチンカンな仏人の質問が少なかったことです。これにはびっくりしました。知識度がすごく上がってるのもびっくりでした。これはすごい!そしてすごい入場者。最近はフランスでも日本酒を作ってる仏人や日本人の方がいらっしゃってすごいことになっております。。

本当のフランスの日本酒事情

こういうことを書くと多くの日本の方から“フランスで日本酒が流行ってるんでしょ?”と言われるのですが。。実際パリに住んでいると“はっ?”と苦笑いするしかないのです。実際日本酒のお店がパリにはポツポツできているのは確かです。熱意を持ったフランス人が一生懸命に日本酒を売ってくれていたりします。パリジャンがワイングラスで日本酒を飲んでいるバーも数件あります。ただパリジャンが普通に買い物に行くFranPrixやMonoprix, Carrefour に日本酒が置いてあるかどうか?確かめられたことはあるのかしら?と思います。実際今回10月6日フラと立ち寄ったスーパーでの様子です。

sakerayonsupermarche

アルコール大国のフランスのスーパーの大きなワイン売り場に日本コーナー。じゃあまり知られてない日本酒がポツリと一種類。(ちなみにここはローランギャロスで有名な16区のCarrefourオートゥイユ店)。近所のNicolas(酒専門チェーン)はウイスキーのみのセレクション。まだまだ道は長いぜ!まこんなもんです。。

民衆化、民主化できたお寿司

ということでやらなければならない仕事はたくさんあります。先日お会いした日本酒普及の第一人者の平出淑恵さんは「カフェのメニューにSAKEを置きたい」とおっしゃってました。素晴らしい野望です。そしてすごくわかってらっしゃるなと思いました。それがいかに難しいことか。。

逆に見ると昔の日本にもワインってありませんでしたものね。それを今のように1種類でも輸入品のワインが飲食店の飲料リストに載る。。ってすごいことだと思います。これのなにかきっかけは何だったのでしょうか?

別のものですが日本人の優勝者がいなくなった途端、柔道が世界語になった子供の頃を思い出しました。伝統を守れなかったと涙をのんだ先人たち、今や寿司ポリスまであらわれるようになったけど、外国人に任せた途端に世界中に爆発的に広がったお寿司を考えるなにかヒントはないでしょうか。伝統を破るのではなく、伝統が変わっていくのです。現在アメリカで量産している日本酒があるからこそ日本産の日本酒に価値があるという背景もあるでしょう。そして市場の成熟という背景。そろそろじゃないでしょうかね。

模索は続く

もちろんまだまだ模索は続くでしょう。Japan Expoも、ワールド寿司カップも主催者も優勝者もみんな非日本人です。漫画やアニメは日本の心ではありますが、日本の誇りではありますが、クールジャパンをもう自分でしないで第三者にやってもらうのも手でしょう。もうそろそろ日本の手を離れて旅立って旅をさせてあげることもこの酒造を絶やさず続けていく一つの方法なのかと。色々考えさせられたサロンでした。。

「日本酒のこと」に2件のコメントがあります

  1. 変化、改革、サステイナブル、こだわり。
    身近に当たり前と思っている私達京都人ですが、他府県から移住された人には、かなり「おかしい」事が多いらしい。
    第一人者となり、広める事は京都では叩かれますが、輸入品には何故か新しい物好き❤️まして日本酒は、原料のお米を作る生産者を確保して行けば、もっと海外のスーパーに並ぶ日も案外近いかも。お酒のおつまみ、盃日本酒を引き立てる物を揃えて行きたい、と私は思います。神社では御祈祷の際 お神酒があります。宗教上アルコールご法度?どうして?まだまだ、日本酒を知らない人も多い中Ritsukoさんに私はエールを送りたい!あー、もう一度フランス🇫🇷行きたーい!

    1. 日本酒の普及を真剣に考えてる方とたくさんお会いできてとても有意義でした。なるほどねー。さかずきもいいアプローチですよねー。会場ではチーズとの相性を探るアトリエがやってたのですが行けなかった。。月桂冠は牡蠣との組み合わせを去年からずっとやっています。海鮮とあいますものね。。ムール貝フリットにビールじゃなくて日本酒とか。。そういうのもいいかなっって思うようになってきました。嗚呼。またお会いしたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です